小田@QNES です。

すみません。情報が抜けていました。

VC++ では、DLL版は作れないのでしょうか?
cygwin32 の方でなら作れるのかな?

DLL版を作ろうと考えた理由は、後で機能拡張する場合に
拡張部分のDLLを配布するだけでいいのではないかと考えたから
なのですが、間違った考えでしょうか(^^;

makeするときのコツのようなものがありましたら教えてください。

---
On Thu, 20 Aug 1998 14:50:20 +0900
Koji Oda <oda / bsd1.qnes.nec.co.jp> wrote:

> はじめまして。小田@QNES といいます。
> 
> ruby-1.1c2 を WindowsNT + VC++5.0 + cygwin32 の環境で
> make しています。
> staticリンクしたものは、いろいろやって(snprintf.c関連を
> Makefileに追加など)作成できたのですが、
> DLL版を作ろうとすると、ruby.lib が見つからずに作成できません。
> 
> libruby.lib というファイルがあったので、試しにリンクしてみたのですが
> ダメでした。
> 
0. /ruby-1.1c2/Configure.bat
> 1. /ruby-1.1c2/win32/ntsetup.bat を実行
> 2. /ruby-1.1c2/ext/extmk.rb.nt を extmk.rb にリネーム
> 3. /ruby-1.1c2/Makefile の
>      ..\miniruby .\extmk.rb  static を
>      ..\miniruby .\extmk.rb      に変更
4. nmake を実行。
> 
> の順番でやったのですが、まだ他にやることはあるのでしょうか?

∪*****/\*****\/*****/\*****∪
  Koji Oda  NEC Software Kyusyu
  1st Development Department
   Based Software Division
  E-Mail:oda / bsd1.qnes.nec.co.jp
∩*****/\*****\/*****/\*****∩