In message "[ruby-list:860] Re: documents 0.99.2 available"
    on 96/10/17, 石塚圭樹 <keiju / shljapan.co.jp> writes:
|
|けいじゅ@SHLジャパンです. 

|御無沙汰しています. 先週の末からお客さんのところにいきっきりだったもの
|で...

お忙しいようですね.私も忙しいはずなんですけど.

|足りないと思ったところを列挙します. 
|
|1. system()
|
|system(command, args, ...)
|
|の記述がありません.

追加しておきました.

|2. Exeption
|
|例外関係のクラスの説明がありません. 例外の階層ぐらいはあっても良いので
|は?

そうですねえ.例外についてはもう少し整理してからと思ってその
ままになっています.今はとりあえず例外クラスをつくったという
レベルだと認識していますから.このような場合にはこの例外を発
生させるということをもう少し検討してからにしたいです.

|3. Enumerabel#min/max
|
|enum.min{...}
|enum.max{...}
|
|の記述がありません.

うう,最近の修正を反映させるのを忘れていますねえ.

|4. Array#empty?/nitems
|
|array.empty?
|array.nitems
|
|がないです.

empty?は忘れてました.nitemsはありますよ.

|おまけ.
|
|ruby-mode.elのばぐを発見しました.

これはバグではなくて仕様です.単独の閉じ括弧は位置をあわせる
ようになっているんです.

|  PS_PRM = ps_assoc.find(proc{
|    print "Use default parameter\n"
|    ps_assoc(ps_assoc.size - 1)
|  }){|e|
|    e[0] == uname and e[1] =~ uname_r
|  }

こういうインデントがお勧めです.
# とはいえ,別のバグを見付けてしまいました.^^;;;

                                まつもと ゆきひろ /:|)