豊福@パパイヤです。

藤本さん
> f = File.new("hoge")
> f.unlink
> ということが、わざわざファイルをオープンしなく
> てもできます。(Javaに似てるなぁ、、、)

これは
>> ・ファイル "/foo/bar" に unlink を頼む?
の感じですかね。

  files = {"tmp" => {},
           "usr" => {"tmp" => {}, "spool" => {}}, 
           "foo" => {"bar" => 1, "baz" => 2}}

だったら、files["foo"]["bar"] の削除は
  files["foo"].delete("bar")
と書きそうだから、これは
> ・ディレクトリ "/foo" にファイル "bar" の unlink
>   を頼む?
に近いかなあ。

> でも、なんかお手軽と言う感じはなくなってるような
> 気がするのは僕だけでしょうか?

  確かに面倒な感じがします。

> だから、FileクラスとFileモジュールを分けるのが
> いいのではないかと思いますが、、、、、
> もしくは、この場合に限りFileクラスをモジュールと
> して見るようにするとかはどうでしょうか?

  私はクラスと聞くとインスタンスの型紙とインス
タンス間の調整が仕事というイメージがあるせいか
それ以外のノソッドにはなれてないというのがあり
ますね。それと lib/mathn.rb の
Integer.from_prime_division() もそうなんですが、
他に置いておく適当なところがないので取り敢えず
身近なところにおいているという気がして落ち着か
ないというのあります。
---
			豊福@パパイヤ
			unbound / papaya.juice.or.jp
			toyofuku / juice.or.jp