藤本です、こんにちは。

  僕と田所さんという方と共同でRubyをMacOS、BeOS用にポートしたものを以
下のURLで公開を始めました。

     <http://www.imasy.or.jp/~hisa/ruby/>

  いまのところテストらしいテストもしておらず実用にはかなり問題があるか
と思いますが、興味のある方は試してみてください。ruby-1.1b7をベースにし
ています。

  MacOS版は、AppleScriptからrubyのスクリプトを実行したり、リソースをちょっ
といじる必要がありますが、ドロップレットを作ることも出来ます。拡張モジュー
ルは、kconv, md5, dbm, socketが一応出来ています。tcltkもありますがちゃ
んと動きません。
  MacOS版の作り方は、プロジェクトファイルがたくさんあったり、どのライ
ブラリがいるのかなどで、かなりわかりにくいと思います。もし自分でもいじっ
てみようという方がいらっしゃれば、お気軽にお尋ねください。

  BeOS版のバイナリはまだ準備していません。もしCodeWarrior for BeOSの製
品版(リンカのサイズ制限のないもの)を持っていれば、UNIX版とほぼ同じ手順
で作ることが出来るはずです。beos/README.beosを参考にしてください。

#README.jpの配布条件のところを読んで確認したつもりですが、もし配布方
#法に何か問題がありましたらお知らせください >まつもとさん

=============================================================
 藤本尚邦  FUJIMOTO Hisakuni                hisa / imasy.or.jp
=============================================================