ふなばです。

>と解釈され,構文エラーになります.これは若干奇妙ではあります
>が,仕様ということにしておいて下さい.

まつもとさんが仰るとなれば、仕様なんでしょうが、かなり微妙ですね。許さ
れないならエラーでいいんですが、改行ひとつ置いただけでエラーが消えると
いうのは、僕のような素人には理解しにくいところです。

ヒアドキュメントの終了の合図につかう文字列というのも、文字列とはいって
いますが、  本当の文字列ではないように見えます。このあたりは、もともと
Ruby になかったためでしょうか、ちょっと風変りですね。

おそらく、日常生活には支障ないと思うけど、それだけに、つっこまれたら悔
しいと思うぞ。

--Tadayoshi Funaba