ふなばです。

>いや,実はそう考えていません.今の私の気持ちは
>
>  * Timeとparsedateに直接は関係がないと宣言する(というか,私
>    の気持ち的に決めてしまう)
>
>  * その上でTimeのyearを西暦にmonthを1からに変更する
>
>というのをやりたいんですが,後者は互換性の問題もあるんで,ちょっ
>と抵抗があります.でも,チャンスは今しかないかも,というの事
>実だなあ.

あ、 そうなんですか。UNIX のシステムコールや標準関数を基本に構成したク
ラスは弱いですからね。そこがしっかりしてさえいれば、こんなことで悩む必
要はなかったんですけどね。

Time クラスの選択としては、

  o 環境の参照という括りで済ませる (システムクロックモジュールとして正々
    堂々と生きる)。

  o インターフェイスだけでも体裁を整えて将来に備える (とりあえず隠蔽す
    る)。

  o システムクロックの参照などは別して、 time_t とは訣別して、より一般
    性のあるクラスにする。

というのを考えるんですが、これのふたつ目をやりたいと考えてよいですか。

Perl は意識しないということであれば、to_a も考えなおしていいのかも。

gm, local, mktime  は引数が big-endian ですけど、to_a は little-endian
ですよね。 それから、to_a には zone があってもいいような気がしたんです
よね、 Common  Lisp の  decoded time  のように。 でも、これは  Perl の
gmtime, localtime に対応するものだと考えると納得できたんです。

--Tadayoshi Funaba