In-Reply-To: [ruby-list:6221] Re: Ruby連載 第4話

原さん、おはようございます。

>>[ruby-list:6221] Re: Ruby連載 第4話
>>From: Shin-ichiro HARA <sinara / blade.nagaokaut.ac.jp>
>>
>>面白く読ませてもらいました。Perl の OOP で挫折しても、Ruby で
>>使えるようになる人も多いと思いました。

Perl はオブジェクトの扱いがむき出しになっているので、初心者には扱い切
れないような気がします。きっとかなり多くの人が挫折している事でしょう。
これで Ruby ユーザーが増えるはず。

>>ところで「制御構造までオブジェクト」は、正確には「制御構造も値を
>>返し、全ての値はオブジェクト」ってことですよね。それから、処理を
>>右へ右へ書いていけるところもポイントかな。

そうなんですよね。値がオブジェクトというのを書くと、その説明が長くなり
そうだったので、それに関する例を出すのをやめて、説明も省略してしまいま
した。

処理を右へ右へというのも、Perl での OOP で右へ右へと処理をつないでいく
場合との違いの説明が必要そうで、その説明には値がオブジェクトであるとい
う記述が必要で...

もうちょっと上級者に対するアピールバージョンの時には、ここら辺からの話
になるでしょうか。ただ、日本では Perl の OOP を使い込んでいる人はいな
いような気がするので、あの程度で大体は乗り換えて来ると思いますが。

>>それから if 1 then 2 elsif 3 then 4 else 5 end は 1 ? 2 : 3 ? 4 : 5
>>と書けなくもないですね。(^^; そういえば何故 ruby では、- ? - : - 演
>>算子は切り捨てられたんでしょう。字句解析のもんだい?(結構好きなんだ
>>けど。)

そうそう。負数の処理を省けばこんな書き方も出来ますし。
("a", "b", "c")[$no - 1] || "d" 
実は Perl でも難しくない例なのですが、無理に変な条件を書くのも面倒だっ
たので、まあ、そこは読み取っていただく事としました。また、こういう挑戦
の為に ruby に向かってくるという人がいたらそれもまた面白そうでしたし。


青山 和光 Wakou Aoyama <pxn11625 / niftyserve.or.jp>