原です。

|て, 本来不必要な i という概念に基づいて考えるよりも, 素直に
|
|a.each{|x| ...
|
|と書けば良いのです. すると, ++ が必要なところなんて, (少なくとも, 私の
|書くスクリプトの分野では)ほとんどないです.

私はイテレータで便利になって、かえって ++ が欲しくなってしまいます。

  c = 0
  array.each { |x|
    ...
    print "hello" if c % 10 == 0
    c += 1
  }

など書かなければいけない局面はかなり多いです。というか ++ が欲しい
と思うのはこの時しかないかも。

イテレータが何回繰り返したかを保持するローカルな内部変数「$ナントカ」
を作るという手は?また新しいの作るのいやかなあ、まつもとさまあ。