酒本です。

おしさしぶりです。
#最近おちこぼれ


masaki.suketa>助田です。
masaki.suketa>In [ruby-list:6244] Re: i++
masaki.suketa>
masaki.suketa>>まつもと ゆきひろです
masaki.suketa>
masaki.suketa>>しかし,そのコストがたとえ5倍だったとしても,全体から見れば
masaki.suketa>>どのくらいの差が出るでしょう?
masaki.suketa>
masaki.suketa>普段、CやC++使ってて、 ruby を触ったときに、つい ++ とやっ
て
masaki.suketa>一瞬はまります。
masaki.suketa>私の場合、+=1は、OK だけど ++ は駄目というのが、余計、混乱する
原
masaki.suketa>因になってます。
masaki.suketa>
masaki.suketa>#だからといって +=1 を無くされるのはもっと困りますが。

これは、意見と言うより質問なのですが、
Javaと異なり「整数を含めすべてがオブジェクト」という概念のなかで、
「Fixnumは即値」である、というのはやはりユーザが意識しながら
使用すべきなのでしょうか?

もし、別にLongというクラスがあったとして(Bignumでもいいのですが)、
32ビットのマシン上ならFixnumの方が早いというのは分かるのですが。

それとは別に++については、Cの中での振る舞いと全く同じでないとやはり混乱すると
思います。

 foo(a++,b++)

などとした場合、fooにわたるのが++前の値であるというのも、また、++メソッドがレ
シーバの
前にあるのも ruby の世界ではちょっと違和感があります。