原です。

|前田です。

|というわけでRuby本の表紙にエッシャーの絵を使うというのは
|どうでしょう。
|# お金かかるのかな。

おおそれはグッドアイデア。

|話はちょっと変わりますが、Rubyのクラス階層ってエッシャーの絵
|(題名を失念してしまいましたが、水が上に流れるように見えるあれ
|です、絵じゃなくて版画だったかな)に似てますね。

「滝」ですかね。エッシャーからは題材がたくさん取れますね。
互いに相手を書き合う手とか、ギャラリーで絵を見る客が絵の一
部だったりするのもあるし。