松尾です。こんばんは。

From: matz / netlab.co.jp (Yukihiro Matsumoto)

> 第3回は前田さんによる「はやわかりイテレータ」です.
> 
>   http://www.netlab.co.jp/ruby/jp/rensai/index.html
> 
> うん,わかりやすい.私はちょうど今日辺りイテレータの部分の原
> 稿を書く予定だったので,ぴったりです.^^;;;

何というか、まだ疑問が残っているので教えて下さい。


http://www.netlab.co.jp/ruby/jp/rensai/v0003.html より

> ここで、もしRubyにイテレータがなくて、代わりに関数(Cなら関数ポインタ) を他の
> 関数に引数として渡すしかないとしたら、どうなるか考えてみましょう。 

(...)

> もちろんRubyではこういうことはしようと思ってもできないわけですが、 イテレー
> タを使うのに比べて面倒ですね。これは、 

この辺を読んで、でも、それなら、と疑問を持ってしまいました。Rubyでは出
来ない、のならなんで出来るようにしなかったんだろう、ということです。

別にイテレータなんて(僕には)あまり馴染みの無い概念より、関数には関数
(或いは関数ポインタ?、関数の参照?、ラムダ関数?、無名関数?、引数の取れ
るブロック?)も引数として渡せますよ、という考え方及び実装の方が理解しや
すいと思うのですが如何でしょう。


僕はアプリケーション層の人間^^;なので、何処かに誤解があるのかもしれま
せんが、教えて下さい。