高橋です。

第三回の原稿と、MLでのやりとりをみて、すごくイテレータが分かって
しまったような気がします(^^;

#全然イテレータじゃないやん! :)

イテレート(繰り返し)する本質は「do...end」とか「{}」とか
「.hogehoge」にあるのではなくて、「.hogehoge」の定義の中の、
「yield」とそれの外側にあるループにある、と考えていいので
しょうか?

で、「イテレータ」の本質は、関数閉包(っていうんでしたっけ?
λ式みたいなやつ)をその場で書けるというか、メソッドの引数と
して無名メソッド(?)みたいなものを直接記述できる、という感じ
でしょうか。

#……って、やっぱり全然イテレータじゃなさそう(^^;

まつもとさん:
> そーなんですよっ,あれを「イテレータ」と名付けたのは失敗だっ
> たかも知れない.やはり名前は難しい(こればっかり).インライン
> コールバックとでも名付けておけば,ちょっと奇妙だけどこんなつ
> まづきはなかったかも.

今からでも遅くはないと思うので、「イテレータ」とかじゃない名前
をつけたほうがいいのではないでしょうか。「昔は『イテレータ』って
言ってました」ということにして。

#でも「インラインコールバック」もよく分からない……。
#どんなのがいい名前なんでしょう……。

高橋征義 (株式会社アイナック)              Email:maki / inac.co.jp