まつもと ゆきひろです

In message "[ruby-list:6057] Re: Ruby 連載 第 3 回"
    on 98/01/28, Kikutani Makoto <kikutani / jdc.ericsson.se> writes:
|
|きくたにです。

|そう、私がなんでイテレータがわかりにくかったを理解した気がします。
|「イテレートしないイテレータも結構多」いことです。

そーなんですよっ,あれを「イテレータ」と名付けたのは失敗だっ
たかも知れない.やはり名前は難しい(こればっかり).インライン
コールバックとでも名付けておけば,ちょっと奇妙だけどこんなつ
まづきはなかったかも.

でも,いいわけをすると東工大方面で人気だったCLUのイテレータ
もRubyと似たセマンティックスなんですよ.その辺を真似たという
のはあります.やはり似た概念には同じ名前を付けた方が良いだろ
うということで.ただ,文法がRubyの方が柔軟だったので,思わぬ
応用が効いてしまって現在に至っているわけなんですが.

CLU:

  for i in Cluster$iter(args) do
    ...
  end

Ruby:

  obj.iter(args) do
    ..
  end

  obj.iter(args) {
    ..
  }

こういう些細な文法の違いが大きな差を生んだりするんですね.
# しみじみ

|顕著なのはtkの例の
|
|list = TkScrollbox.new {
|  relief 'raised'
|  width 20
|  height 20
|  setgrid 'yes'
|  pack
|}
|
|とかですね。

これは失敗だったかなあ,と思っている私.日本UNISYSのTippler
を真似ようというのが発想の元なんですけど.最近は

  list = TkScrollbox.new(nil, 'relief'=>'raised', ..)
  list.pack

をお勧めしてます.

|単なる希望ですが、「特異メソッド/特異クラスはやわかり」。
|どういう状況でこれらを使うと嬉しいかがわからないからです。

これはきっと私しか書けませんね.Ruby本が一段落して(^^;;;),
だあれも連載を引き受けて下さらない事態が生じたら,私が書きま
しょう.

# がまんしきれなくて,一番忙しい時に一気に書いちゃいそうだな.
# 現実逃避だいすき.^^;;;

ということで,執筆者募集中.原さんとかどう?

|> Python MLでいじめられているので(笑),Rubyのここが良いってい
|> うような記事が読みたいなあ.
|
|その伏線でthreadの件を書いてみたのだけど、別の解決策で終わってしまった。

やはり,Pythonくらいになると逃げ道はいろいろとありますねえ. 
まあ,そうでないと世界中で使われないと思いますが.

|あたしゃrubyのtkクラスのクイックリファレンス
|を書きたいですよ。理解したつもりの部分でも時間がたつと忘れて
|lib/tk.rb等を読まなきゃならないんだもの。

私もだ.^^;;;
                                まつもと ゆきひろ /:|)