きくたにです。

Wed, Jan 28, 1998 at 02:30:29PM +0900 において
Yukihiro Matsumoto さん曰く:

> 第3回は前田さんによる「はやわかりイテレータ」です.
> 
>   http://www.netlab.co.jp/ruby/jp/rensai/index.html

読ませていただきました。とてもためになりました。

そう、私がなんでイテレータがわかりにくかったを理解した気がします。
「イテレートしないイテレータも結構多」いことです。

最後のgsubの例も私の感覚ではイテレートしてないし、
顕著なのはtkの例の

list = TkScrollbox.new {
  relief 'raised'
  width 20
  height 20
  setgrid 'yes'
  pack
}

とかですね。あとnif2news.rbで教えていただいた技、

# actions.addを(第2引数なしで)イテレータとして呼び出すと,
# Proc.newがイテレータブロックをオブジェクト化してactionに代入
# してくれる。
def actions.add(pattern, action = Proc.new)
  push [pattern, action]
end

actions.add(pattern) do
  ...
end

なんてのも難しいやつの代表です。


> 次はどうしましょう?

単なる希望ですが、「特異メソッド/特異クラスはやわかり」。
どういう状況でこれらを使うと嬉しいかがわからないからです。

> Python MLでいじめられているので(笑),Rubyのここが良いってい
> うような記事が読みたいなあ.

その伏線でthreadの件を書いてみたのだけど、別の解決策で終わってしまった。

ところで、別MLのreplyでなんですが、

Subject: Re: [python-ml-jp 100] Re: tcl fileevent?

Wed, Jan 28, 1998 at 04:34:58PM +0900 において
Yukihiro Matsumoto さん曰く:

> ここは菊谷さん(でなくてもこのMLの他の誰か)がクイックリファレ
> ンスを書いて日本のPython界をしょってたつってのはどうでしょう.

その余裕があるなら、あたしゃrubyのtkクラスのクイックリファレンス
を書きたいですよ。理解したつもりの部分でも時間がたつと忘れて
lib/tk.rb等を読まなきゃならないんだもの。

-- 
人生を背負い投げ

菊谷 誠(Kikutani Makoto)  kikutani / eis.or.jp kikutani / jdc.ericsson.se