市田です。

On 2016/11/07 0:29, Takahiro Kambe wrote:

> UNIXというよりは、Linuxと思った方がよい気がしないでもありません。
> UNIX系OSでも少なくとも初期設定では別扱いとしているOSは存在します。
> Windowsでは、netshコマンドで、
> 	netsh interface ipv6 show prefixpolicies
> の結果に依存し、これは管理者(相当を含む)が接続しているネットワークの事
> 情に応じて変えている場合があるかもしれません。
 > Linuxは知りませんが、BSD系OSの場合はip6addrctlというシステムコマンドで
 > 使用するIPv4/IPv6の発信元や宛先のアドレス選択のポリシーを設定できます。

そのようなコマンドがあるのですね。
実行してみましたが、残念ながら内容は理解できませんでした。
IPv6 自体ほとんど馴染みも無いので。

> * 「UnixとWindowsとで仕様が異なる」というわけではなく、各OSのアドレス
>   選択のポリシーに依存しています。
> * IPv4とIPv6が同じソケットで通信できると思わない方が、ソフトウェアの移
>   植性の面では有利である。
> と言えます。

そうですね。
るびまの記述のPRをするのが良いのかもしれません。