須藤です。

In <9EC88EFD1C1247DBB6675953CC37B15E / tyoshiizumiPC>
  "[ruby-list:50015] Re: pdfを扱うためのpopplerライブラリをrequireできない" on Fri, 21 Nov 2014 22:08:43 +0900,
  "Yoshiizumi" <yoshi / cup.sakura.ne.jp> wrote:

>  横山さん、popplerのトラブルに関する詳細な情報をありがとうございまし
> た。

横山さんが調べてくれた「libstdc++-6.dll」はpango gemの中に入っ
ているので、こんな風にpopplerより前にpangoをrequireしてみて
ください!

  require "pango"
  require "poppler"

(次回のリリースからはこういうことをしなくてもよいようにしま
す。)

>  rabbitは、ダイレクトにテキストを取り込んでプレゼンできるので便利だと
> 思います。

それはとてもよかったです!
私は、テキストでスライドを作ったり管理したりしたかったので
Rabbitを作ったので、そこが便利だと思ってもらえてうれしいです。
プログラマーならスライドもバージョン管理したいなぁと思ったん
ですよね。

>  そのため、原稿のボリュームが多くてスライドに表示しきれない部分が出て
> しまっていないかどうか、画面で確認することができません。
>  そこで、rabbitでpdfを生成し、そのpdfを音声出力で読み上げさせることに
> よってチェックします。画像のチェックはできませんが。

おぉ、そんな風にチェックできるんですね。

Rabbitに、文字がはみ出していることを報告する仕組みをつけても
いいかもなぁと思いました。はみ出していることを検出することは
簡単なので、どうやって報告するのがよいか、なんですけど。。。

>  pdf→テキスト変換にはいくつか方法がありますが、rabbitで採用されてい
> る poppler を使うのがいいと考えたものです。

はい、それがよいと思います!

>  ともあれ rabbit, poppler などの有用性には感嘆し、また更なる開発に期
> 待しています(録音データなども扱えると うれしいです)。

長年、サポートしたいなぁと思っているので、来年にはサポートで
きるようにがんばります!

gtk3 gemとclutter gemとclutter-gstreamer gemがWindowsでも動
くようになったので、ようやくRabbitで動画・音声埋め込みの下準
備が整ったなぁという状況です。(現在は、別ウィンドウ表示なら
動画を再生できます。ただ、Windowsでは動きませんが。。。)