須藤です。

今日は肉の日ですね。

地域化(L10N)用のライブラリであるlocale 2.0.6をリリースしま
した!(約3年ぶり)

サイト:
  http://ruby-gettext.github.com/
インストール:
  gem install locale


localeはもともとむとうさんがメンテナンスされていたのですが、
2009年からリリースされていませんでした。しかし、Ruby 1.9 +
Windowsの組合せで動かなくなるなど、いくつか問題がありました。
そのため、それらの問題を修正して、私が(むとうさんじゃない他
のlocale開発者の人からgem pushできる権利をもらって)リリース
しました。


2.0.5からの変更点は以下の通りです。

## 2.0.6: 2012-08-29

Windows上のRuby 1.9でも動くようにしたリリースです。

### 改良

  * 不正なLANGUAGE環境変数の場合でも動くようにした。(単に無
    視する)
    [Alexey l.Froloffさんがパッチ提供]
    [Friedrich, Axelさんが報告]
  * Ruby 1.8.6でもウゴクようにの対処法をいれた。
  * 同じプロセスで何回でも `Locale.init` を呼べるようにした。
  * Windows上のRuby 1.9でもウゴクようにした。
  * `Locale.current = Locale.current` を動くようにした。
    [GitHub#mutoh/locale#5] [Debian#600713]
    [Martin HradilさんとHleb Valoshkaさんが報告]
  * `$SAFE > 0` のときでも `Locale.init` が動くようにした。
    [GitHub#mutoh/locale#5] [Hleb Valoshkaさんが報告]
  * Rackのミドルウェア `Locale::Middleware` を追加した。これ
    を使うとクライアントからのリクエストをみてlocaleを初期化
    してくれる。

### テスト

  * Windows用のテストのせいで他の環境のテストが動かなくなっ
    ていた問題を修正。
    [J. Pablo Fernandezさんがパッチ提供]
    (aの上に'が付きます。)
  * [jruby] variantの書式が間違っていた問題を修正。
    [GitHub#mutoh/locale#5] [Hleb Valoshkaさんが報告]
  * 違う環境変数を参照していた問題を修正。 `LC_CTYPES` では
    なく `LC_MESSAGES` をチェックしていました。
    [GitHub#mutoh/locale#5] [Debian#520181]
    [Adeodato Simoさんが報告](最後のoに'が付きます)
    [Hleb Valoshkaさんがパッチ提供]

### 感謝

  * むとうさん
  * Alexey l.Froloffさん
  * Friedrich, Axelさん
  * J. Pablo Fernandezさん(aの上に'が付きます。)
  * Martin Hradilさん
  * Hleb Valoshkaさん
  * Adeodato Simoさん(最後のoに'が付きます)

-- 
須藤 功平 <kou / clear-code.com>
株式会社クリアコード <http://www.clear-code.com/> (03-6231-7270)

groongaサポート:
  http://groonga.org/ja/support/
パッチ採用はじめました:
  http://www.clear-code.com/recruitment/