桑田です。
予告通り、Erubis 2.7.0 をリリースしました。
http://rubygems.org/gems/erubis
http://rubyforge.org/frs/?group_id=1320
http://www.kuwata-lab.com/erubis/CHANGES.txt

変更点はこちら
http://www.kuwata-lab.com/erubis/CHANGES.txt
注意点として、文字列バッファの変数名を指定するオプションが
以前は :bufname でしたが今は :bufvar になっています。


2011/3/23 Masatoshi SEKI <m_seki / mva.biglobe.ne.jp>:
> 咳といいます。
>
> せっかく釣られているので反応しますね。
>

釣りのつもりはないんですが。

>> Erubisでは技術的に容易な範囲でのみ、ERB独自仕様に追従しています。
>> これはtrimモードについても同様です。
>> #そもそもERBの「<%% %%>」はあまりいい仕様とは思えないので真似したくない。
>
>
> これ、興味深いです。
> trimモードはあまりいい仕様なのでしょうか。

この日本語だと、いいと思っているのか悪いと思っているのかわからないですね。

> trimモードを作ったことを後悔しているので不思議な感じです。

僕が話題にしたのは、「'<%%' や '%%>' やtrimモードがERB独自の仕様であって
eRubyの仕様ではないこと」であり、trimモードの善し悪しではないので、
コメントは差し控えます。
#なぜtrimモードで後悔されているのか書いていただけると皆さんの参考になるかなと思いました。


> 私は書式をカスタマイズできること全般に疑問があります。
> (疑問というか私にとっての課題です)

Erubisでは埋め込み書式を指定できる機能があり、自分はたいへんよく使っています。
Erubisのドキュメントもこの機能を使って作成されてます。
また埋め込み書式を変更して問題となったことは特にありません。
#なぜカスタマイズできるのが疑問なのか書いていただけると皆さんの参考になるかなと思いました。


>
>> ERBのこの独自仕様は、もともとeRubyを生成するようなeRubyを使うためだと思いますが、
>
> いえいえ違います。

そうなのですか。「<%% %%>」がそれ以外の目的で存在するとは思いませんでした。
#もとはどのような目的だったのか書いていただけると皆さんの参考になるかなと思いました。

--
regards,
makoto kuwata