きしもとです

> リテラルに限らず、一般的に「式(expression)」は「評価(evaluation)」
> すると「値(Rubyの場合は何らかのオブジェクト)」が返るわけですが、
> その返って来る値が常に同じオブジェクトなのかそうでないかは
> 「式による」としか言いようがないので、それに対して何か特別な
> 名前ってないのではないかなあ、と勝手に推測しています。

> #「シングルトン(singleton)」はちょっとニュアンスが違うかなあ

インスタンスがシングルトンないし有限個なオブジェクトは
同じオブジェクトが返ってくるほうになりますかね。

リテラルとは何か、という話にもなりそうに思いますが、(たまたま手元に
あった)岩波情報科学辞典や、FOLDOC では、リテラルとは定数である、という
流儀で説明されていますが、(たとえば)Ruby のリテラルとは違う感じが
しますね。

> で、完全に余談なのですが、Fixnumは常に同じオブジェクトが
> 返るのですが、Bignumは違うのですね。

Bignum だとキャッシュする実装もあっておかしくないように感じます。