遠藤さん、早速ご回答ありがとうございます。また Ruby の更新お疲れさまです。

理解しました。
続けて質問になり申し訳ありませんが、たとえば 、もし将来的に新規キーを追加できる方向で予定されているなら (美しくないかもしれませんが)

"rehash の閾値"

を public に公開する、とか、エラー時に理由を明示するメッセージを出力する、などではどうでしょうか。
原因が rehash の閾値だと分かっていて、 rehash の閾値がユーザーから見えるのなら(環境依存の値だとしても)、もはや

"不確定的に失敗していたもの"

ではなくなると思います。バグを未前に防ぐメリットよりも、Ruby の動的処理能力を制限してしまうことのほうが "Ruby らしさ"
を妨げてしまうような気がしますがどうでしょうか。

P.S.
私にできるかどうかはわかりませんが、ボランティアで Ruby 開発に協力したい、という場合はどうしたらよいでしょうか?
とりあえず、まずは ruby-dev と ruby-core に入ろうかと思っています。

畠山