吉泉です。

 当MLの#46831(2010/01/31)で紹介させていただいた mkrexml.rb を修正し
ました。
   所在: http://cup.sakura.ne.jp/mkrexml.rb
 mkrexmlは、input.xmlと実質的にほぼ同じoutput.xmlを書き出すrubyスクリ
プト生成プログラムです。
 例えば、input.xml が与えられた場合、
  $  ruby  mkrexml.rb  input.xml ↓
と実行すると、カレントディレクトリに input_xml.rb が書き出されます。
 そして、次に
  $  ruby  input_xml.rb > output.xml ↓
とすれば、output.xml が生成されるわけですが、これが実質的に input.xml
とほぼ同じはず、というものです。

 スクリプトの一部を生成するのに dump を使ってますが、そのままだと全角
文字の部分が \342\210\222 みたいになってしまいます。
 そこで、その部分をevalにかけて通常の全角文字列に変換するようにしてま
す。その処理のところでトラブルになるケースがあったので修正しました。
 MS-Wordのxmlファイルをうまく処理できないことが結構あって、なぜ?と思っ
てましたが、今は大丈夫になったと思います。

 mkrexmlは、ruby v1.8, v1.9 の両方で動くと思います(1.8.7 patchlevel
302 | 1.9.1p429 revision 28523 で確認)。
 使っているライブラリは、標準の rexml のみです。OSを問わず動くと思
います。
 xmlの漢字コードは、utf-8を前提にしています。それ以外のコードで書かれ
ているxmlは、うまく処理できないと思うので、予めutf-8にしておく必要があ
ります。

 よかったら どうぞ。