artonです。

HTMLベースのデバッガを作ってみました。

デモ動画
http://www.artonx.org/diary/20101011.html#p01

まだアルファ版未満なので、ソースのトレースを追うこと、ステップ実行するこ
と、ブレークポイントを設定すること、ローカル変数、selfのインスタンス変数、
グローバル変数を眺めることのみができます。編集や変数の書き換えなどの書き
込み作業はできません。

環境:Ruby-1.9.x専用です。
使い方: 
1. gem install ruined
でインストールします。ruby-1.9がなければインストールできません。
2. ruby -ruined  ターゲットの.rb 
として実行します。つまり、uined ライブラリを-rで読み込みます。
3. WindowsやOSXであれば、ブラウザが自動的に起動します。
  自動的に起動しない場合は、
 http://localhost:8384/
にアクセスしてみてください。
 (jQueryを使いまくっているので、モダンなブラウザ以外では動きません。
      動作を確認したのは、IE8とOSXの最新のSafariです)

多分、動かせば使い方はわかると思いますが、
・黄色の線
  …… ステップ実行など。「step」ボタンなどを押さなければそこに留まる
・茶色の線
  ……ブレークポイント(リストのクリックで設定をトグル)
・薄い緑の線
  ……自動実行中
です。

用途としては、runモードで動かして、制御構文の動作を見るといった、どちら
かというと教育用みたいなものを想定しています。が、pやputsを入れるよりは
デバッグは楽かもしれません。

ソースは、http://github.com/arton/ruined です。
ライセンスはGPL3のつもりです。

-- 
arton <artonx / yahoo.co.jp>

--------------------------------------
Learn more about breast cancer - Pink Ribbon Campaign 2010
http://yj.pn/JAy9L7