--pgp-sign-Multipart_Wed_Sep__8_21:19:07_2010-1
Content-Type: text/plain; charset=ISO-2022-JP

At Tue, 7 Sep 2010 21:08:16 +0900,
Fujioka wrote:
> >> 作ったのが私じゃないので確定はできないのですが、
> >> バグでしょうね。以下のパッチでなおります。
> >>
> >> echo "date 100907" | ruby-1.8.7-p302 -rcgi -e 'p CGI.new["date"][4,2]'
> >> "09"
> >
> >  まあ、直ることは直りますが、プログラマーの意図を正確に
> > 図ることが難しいので、ちゃんと動いてしまうと逆に危うい気もします。
> > cgi["date"][4..5] と cgi["date"][4,2] の結果は違うわけですよね。
> >
> >  1.8でも1.9でも警告が再韻厳覯未鯑世蕕譴詈法を推奨する方向え
持っていけないでしょうか。
> >
> とりあえず、[]のオプションがIntegerを継承している場合だけ
> warningを靴董⊃得擇肪佑鯤屬垢茲Δ砲靴討澆泙靴拭
竍蚫≫癆紜ぢが配列を返すのは1.6までで、1.8からはStringを
> 返すようになったのが仕様だと思います。
> 多分、移行を促すようにwarningを垢茲Δ忘拗をしたと思うので;
窺ぢではwarningを垢箸いΔ里いいんじゃないかと思います;
窺軒ぢあたりからは1.9への移行のという意味合いもありますので;
癇鉗遒造校伝箸澆鮑錣辰討靴泙Δ里蘯蠅任呂△蠅泙垢;

 cgiライブラリを直接使っているものというと、レガシースクリプトが
少なくないと考えられるので、本来の意図からすればバグといっても、
うかつに挙動を変えるのは厳しいかもしれません。

 私の希望は、 ruby_1_8_7 はいじらず、 ruby_1_8 は1.6との違いに
関する警告は切って1.9への移行に役立つ警告にシフト、というところ
です。

--
Akinori MUSHA / http://akinori.org/

--pgp-sign-Multipart_Wed_Sep__8_21:19:07_2010-1
Content-Type: application/pgp-signature
Content-Transfer-Encoding: 7bit

-----BEGIN PGP SIGNATURE-----
Version: GnuPG v1.4.10 (FreeBSD)

iEYEABECAAYFAkyHfzsACgkQkgvvx5/Z4e6YiACgx0cQgNChewArCAmFwEu2oOIs
lhkAn1uONVihjS9YkMyYbqTyT4rlpTL8
dX
-----END PGP SIGNATURE-----

--pgp-sign-Multipart_Wed_Sep__8_21:19:07_2010-1--