--Apple-Mail-27--25076756
Content-Transfer-Encoding: quoted-printable
Content-Type: text/plain;
	charsetf-8

JRuby 1.5.0.RC2 礫禮恐らくこれが最後のRCになると思われます。ホームページ: http://www.jruby.org/
ダウンロード: http://www.jruby.org/download

RC1のリリース以降に修正されたバグを以下に示します。

- JRUBY-3153: IO rubyspec failures under IBM JDK6 Linux
- JRUBY-3208: ant task api-docs runs out of memory, patch included
- JRUBY-4677: Java exceptions can't be rescued with "rescue Exception"
- JRUBY-4680: jirb_swing broken: JRuby picking wrong constructor, with
no obvious work around
- JRUBY-4704: "Java wrapper with no contents" error when subclassing a
Runnable class in JRuby
- JRUBY-4710: Problems importing classes in default package
- JRUBY-4715: FFI::StructByValue missing layout and struct_class methods.
- JRUBY-4721: FFI::Platform::CONF_DIR looks in wrong location for PPC Macs.
- JRUBY-4724: Java class equality operator is order dependent
- JRUBY-4725: to_java_object no longer exists
- JRUBY-4729: System properties to set bindir and default rubygems paths
- JRUBY-4730: Unix jruby-1.5.0.RC1 distro includes
rubygems/default/jruby_native.rb without native launcher
- JRUBY-4731: Mismatched default compilation prefix
- JRUBY-4733: Allow compilation of Ruby files for a specificic JVM version
- JRUBY-4734: Reduce "multiple Java method" warnings in unambiguous cases
- JRUBY-4735: install-gems ant target should not count on successful
installation of jruby-launcher
- JRUBY-4737: Compatibility issue with Spring property from 1.4.0 to 1.5.0.RC1
- JRUBY-4738: test/testapp/testapp.exe appears twice in
jruby-src-1.5.0.RC1.tar.gz
- JRUBY-4742: File::Stat throws a NPE when it doesn't find a file into a jar
- JRUBY-4747: read_nonblock error with couchrest
- JRUBY-4749: require 'rbconfig' fails on GAE because of NullPointerException
- JRUBY-4750: ant-to-rake: <rake> task does not work when classpath is
defined via taskdef's attribute
- JRUBY-4751: Java call to RubyBignum.to_s() returns generic object
representation
- JRUBY-4754: NotImplementedError: the MD5() function is unimplemented
on this machine
- JRUBY-4757: addressable gem doesn't work with --fast
- JRUBY-4760: File.open throws Errno::ENOENT when file inside jar is
accessed using ".." (doubledot) in the path
- JRUBY-4761: 1.9.2: Thread#backtrace


以下はRC1リリースの発表です。
==
今まで最長のリリース期間(凡そ五ヶ月)を経た今回のリリースは
不具合の修正の数も最多になりました。加えて、以下に示す通り、
多くの新しい機能も含んでいます。不具合の内訳としてはRubyの
メソッドの細かい仕様の修正が殆どです。その点から申しますと、
JRuby 1.4.0から1.5.0.RC1へのアップグレードは容易でしょう。
また、「JRubyから暫く遠ざかっていた」と仰るあなたも、この機会に
是非JRubyを今一度試してみて下さい。以前あった不具合が解消されて
いる可能性大です。1.5.0の正規リリースをより良い物にする為に
どうぞご協力下さい。

主な特長

  高パフォーマンスなネイティブアクセスフレームワークと、FFIライブラリのサポート
  *NIX用ネイティブ起動コマンド
  JavaのビルドツールであるAntのサポート、及びAntとRakeの統合の実現
  Windowsサポートの強化
  RubyからJavaの呼び出しの性能向上(バグ修正、メモリ消費の低下、スピードの向上)
  JSR-223,BSF,RedBridge等による組み込みAPIの強化
  Ruby標準ライブラリ 1.8.7p249、RubyGems 1.3.6、RSpec 1.3.0
  ruby-debugを標準で装備 Rails 3向けの修正
  起動時間の短縮 Object#object_id、Object#__id__の強化 Javaクラスのメモリ消費量の削減とJavaクラスのロードの高速化
  クラスローダが、jarを内包するjarに対応
  open4ライブラリのバグを修正
   jruby.jit.codeCache=dirオプションにより
  jitコンパイルされたスクリプト、メソッドなどをディスクに書き込み可能
  Javaクラスを生成するインターフェイスの新実装
  jruby.ji.objectProxyCacheオプションによりOPCの無効化
  JRuby::Synchronizedモジュールにより、クラスに属するオブジェクトのメソッド呼び出しを同期化可能
  コアクラスの性能向上とJITコンパイラの向上
  IRBでObjectSpaceの無効化
  mavenアーティファクトの修正
  64ビットWindows、及びWindows 7用インストーラーのバグ修正
  JRuby 1.4から数えて1250を上回るコミット


謝辞

コミュニティーからの貢献には常に感謝しています。今回のリリースでは特に以下の人々からの貢献がありました。(順不同)

David Calavera, Stephen Bannasch, Daniel Luz, Ian Dees,
大場光一郎さん, Hongli Lai, Hiroshi Nakamura, Colin Jones, 佐々木竹充さん,
Roger Pack, Matjaz Gregoric, Joseph LaFata, Frederic Jean,
Alex Coles, Lars Westergren-Apple-Mail-27--25076756--