RubyCocoa開発チームの木村といいます。

RubyCocoaの新しいバージョン1.0.0をリリースしました。

http://rubycocoa.sf.net
http://sourceforge.net/projects/rubycocoa/files/

から入手することができます。
* MacOS X 10.5 (Leopard)用のバイナリパッケージ
* MacOS X 10.4 (Tiger)用のバイナリパッケージ
* ソースコードのtarball
が用意されています。

Leopardのシステムに用意されているRubyCocoa.frameworkは/System/Libraryに
ありますが、バイナリパッケージは/Libraryにインストールするので、元から
あるRubyCocoaは上書きされません。
また、MacOSX 10.5向けソフトウェアアップデートで提供されている最新のバージョンは
RubyCocoa 0.13.2になります。

詳細なリリースノートは以下になります。原文の英語版はここに示すURLで見ることができます。

http://sourceforge.jp/projects/rubycocoa/lists/archive/devel/2009-July/001404.html

バグ修正
- NSString#splitがString#splitと互換でなかった
- KVC/KVOの自動通知がうまく動作しなかった
- KVOのwillChangeValueForKey/didChangeValueForKeyが2回呼ばれることがあった
- NSBundle.bundleForClassがrubyの未初期化のスレッドでクラッシュする
- libffi: ffi_call()関数のバッファサイズが足りないことがある
- GraphicsContext.graphicsContextWithGraphicsPort_flippedがクラッシュする
- DLOG macro
- 末尾の"_"を省略する形式のメソッド定義でオーバーライドされないように
- 10.5.7で"[BUG] object allocation during garbage collection phase"で
  クラッシュすることがある


新機能
- Ruby 1.8.7に対応
- 新しいサンプルPassengerPane
- 10.5用のビルド構成を改善
- 定型プロトコルに対応(10.5以降のみ)
- rake installでビルドが完了しているかを確認するように
- rake packageで指定された構成を利用するように


その他
- Xcodeプロジェクトテンプレートのインストール先を変更
- OSX.require_frameworkのリファレンスを追加
- test_loadlibs()のテストが失敗することがあるのを修正

-- 
kimura wataru