こんにちは、Diceです。

BlueCloth 1.0.0 をベースとした、拡張 Markdown ライブラリ
BlueFeather 0.20 をリリースいたしました。

今回のバージョンは、以前の BlueFeather 0.10 と比べて
以下のような違いがあります。

* ruby 1.9.x 系列に対応
  それに伴って、BlueFeather におけるエンコーディングの取り扱いを明記

* bluefeather コマンドにおいて、更新日時にかかわらず変換を行う
  --force オプションの追加

* 目次での見出しレベル指定記法 {toc:h3..h4} を拡張


BlueFeather 配布ページ:
http://ruby.morphball.net/bluefeather/

BlueFeather マニュアル:
http://ruby.morphball.net/bluefeather/doc/

zip アーカイブ(139KB):
http://ruby.morphball.net/bluefeather/release/bluefeather-0.20.zip

RubyForge プロジェクトページ
http://rubyforge.org/projects/bluefeather/

--------------------------------

BlueFeather は、拡張 Markdown 記法で書かれたテキストを html に変換する
ソフトウェアです。 コマンドラインツール bluefeather と、Ruby スクリプト内で
変換を行うためのライブラリがセットになっています。
(ruby 1.8.x 系列、および ruby 1.9.x 系列で使用できます)

広く使われている Markdown 実装である BlueCloth をベースとしつつ
既知のバグの修正やインターフェースの変更、そして記法・機能への
さまざまな拡張を施しています。特に PHP Markdown Extra から
多くの拡張(定義リスト、表組み、脚注など)を取り込みました。

まだアルファ版に近い、不安定なソフトウェアではありますが
普段のテキスト書きのために、簡潔かつ強力な記法を求めている方、
とくに日頃から Markdown 記法を愛用されている方がおられましたら
ぜひ一度お試しいただけると幸いです。

ご意見・ご質問・バグ報告などありましたら、よろしくお願いいたします。

--------------------------------
Dice
tetradice / gmail.com