木村わ@MacPortsメンテナです。

(1) 10.5でMacPortsのruby 1.8.7が遅い?

getcontext()を使わないようにするパッチを当てるようにしました
(1.8.7-p72_2)。おおよそ1.8.6のときと同様のパフォーマンスが得られるはずです。
調査したところ、もともとMacPortsのruby 1.8.6でパッチ当てていたものが
1.8.7に更新した際に消えてしまっていたようです。

このパッチは[ruby-dev:33461]で言及されているものと同じものです。

(2) 10.3でMacPortsによるインストールが失敗する

また、10.3で標準のautoconfが古いためにインストール中にエラーが
起きてしまうものも対応しました。gperfコマンドはXcode 1.5に
付属しているので、別途インストールする必要はありません。
gperfへの依存関係は設定していません。
#libiconvのインストール時にgperfパッケージが要求されるので
#結果的にMacPortsのgperfがインストールされると思いますが


またなにか気づいたことがあればお知らせください。
ありがとうございました。

On Thu, 30 Oct 2008 09:51:14 +0900, "S_Konno(今野 滋)" wrote:
> ひがきさん、木村さん、そして、[mixi] Ruby のみなさん、
> 
> ありがとうございます。
> Ruby Install Guide::MacOS X に書き込みました。
> 
> (Ref. http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=36296966
> 
> 
> それから、どなたかわからないのですが、
> MacPorts && OSX10.3 でのインストール方法を書き込んでくださったかた、
> ありがとうございます。
> すみませんが、勝手に短くしちゃいました。
> gperf は、variants の  +darwin_7 に含まれていましたが、
> autoconf 関連はまだ組み入れられていませんでした。
> MacPorts をメンテナンスしているかたの今後の活躍に期待します。
> 

-- 
kimura wataru