藤本%昔Classic MacOSにポートしてパッチを送った人です。

1.9.0からClassic MacOSのコードを削除することについては、
1.9のメンテしやすさを優先すべきで、まったく異論ありません。
推測になりますが、今、Classic MacOSでRuby 1.9が動 
かないと困ると
いう人がいるとも思えません。

# Ruby 1.6のころに、自分はもはやメンテする気がなく他にメンテ 
する人が
# いなければClassic Macに関するコードは削除してもらえな 
いでしょうか
# とメールした記憶があります。

以下は本題からはずれていますが...

On 2008/07/29, at 6:03, Nobuyoshi Nakada wrote:

> なかだです。
>
> At Mon, 28 Jul 2008 23:03:18 +0900,
> U.Nakamura wrote in [ruby-list:45278]:
>> (4) そもそも1.8でもサポートされていないもの
>>
>>  * Classic MacOS
>
> 補足というか余談ですが、macruby_private.hというファイ 
> ルが必要に
> 見えますが、どこを探しても見付かりません。古いCVSリポ 
> ジトリにも
> ありませんし、ググってもeval.cとdln.c以外には[ruby- 
> dev:4302]しか
> 出てきませんでした。これを見ると1.3のときにはあったん 
> じゃないか
> と思うんですが、1.3や1.4のtarballにもあり 
> ませんでした。本当にサ
> ポートされていたのか心配になるくらいです。


Ruby本体に取り込まれたのは、MacRuby(Classic MacOS用 
Ruby)のうち
Ruby本体にパッチをあてたところだけだったので、ソースコードのうち
CVSリポジトリに入っていない部分もたくさんあります。

# RubyのソースがCVSで管理されるようになったのはもっと後(1.4 
よりも)
# だったような気がします。

念のため、MacRubyのうちRuby本体に取り込まれていな 
い部分に興味のある
方がいらっしゃれば

http://www.fobj.com/hisa/old/ruby/
http://www.fobj.com/hisa/old/ruby/files/

を適当にあさってください(古い内容でリンク切れなどありま 
す)。

上記リンクには [ruby-dev:4302] に関連したRuby 1.3 
用のソースは置かな
かったみたいなのですが(家にあるパックアップCDをあ 
されば見つかるかもしれ
ない)、コンパイル済のプログラムは置いてあります。また、ruby  
1.1b7 と
いう古いバージョンについてはソースコードも置いてあります。

以上、参考までに...
--
hisa / 藤本尚邦