須藤です。

> > > ちなみに今回のデモは Ruby でどこまで可能なのかを試してみました。
> > > Cell Linux 環境の上に Ruby + Cairo(rcairo) + DirectFB を用意し、
> > > ほとんどの画面描画や操作を Ruby 経由で行いました。
> > 
> > 私がいうのもなんなんですが、cairoはバックエンドを直接使うよ
> > りも、やはり少しもっさりする感がある気がするのですが、そこら
> > へんは気にならないレベルだったでしょうか?
> 
> 文字を表示する程度のことにしか使用していませんので、
> 特に気になるレベルではありませんでした。
>  # というか、他が遅くて気にならない状況ですね。

なるほど。
てっきりUIの描画をcairoで行っているのかと思っていましたが、
文字のレンダリングでしたか。意外でした。

たしかに、cairoのtoy text APIで十分ならフォントシステムなど
を気にしなくてもよいので楽ですね。Pango経由でしか使っていな
かったのでその視点はありませんでした。

> > 今のrcairoはDirectFBと一緒に使えないのですが、
> > cairo_directfb_surface_create()のバインディングを用意したの
> > でしょうか?それともCairo::Contextを作ってそれをRuby側に公開
> > するものを用意するという感じでしょうか?
>
> rcairo-1.5.0 に cairo_directfb_surface_create() の
> バインディングを実装しました。
>
> > 現在、DirectFBのバインディングがないようなのでどのように
> > rcairoと使ったのか、興味があります。
> 
> DirectFB バインディングライブラリは独自に開発しました。

そうですか。
もし、オープンな実装があったらそれを使って
cairo_directfb_surface_create()をサポートしようかと思ったの
ですが、残念です。

> 文字列の表示、アイコンの表示等を rcairo 経由で実装しました。

画像表示も入力をPNGに限定すればたしかに楽ですね。
これもGdkPixbuf経由でしか使っていなかったので気づきませんで
した。


違った視点でcairoの使用例がみえて、勉強になりました。
ありがとうございます。