ゆきちといいます。

風博士0.4.0がリリースされました。ご興味あるかたは、以下をお読みいただけ
れば嬉しく思います。
http://kazehakase.sourceforge.jp/ja/

風博士は、Unix互換OS上で動作するウェブブラウザで、現在は、エンジンに
Geckoエンジンを採用しています。通常のウェブブラウザの機能に加えて、タブ
や、マウスジェスチャ、RSSリーダー、Hyper Estraierをエンジンとした過去履
歴全文検索などが付いています。

なぜ今回リリースの告知を流したかといいますと、風博士は、しばらく前から
rubyを使った機能拡張が出来るようになっているからです。これを見て、ある
ユーザーは、「Firefoxの拡張のようなことが風博士でrubyで出来るんですね」
と言っていました。実際、ウィンドウやサイドバーなどのカスタマイズがrubyで
出来るようになっています。

風博士の導入に際しては、
・Firefox(またはMozilla)の本体及びヘッダファイル
・Gtk2
が必要となり、rubyによる拡張を使うためには、これに加えて
・ruby
・ruby-gtk
が必要になります。

ruby、ruby-gtkが導入されている場合に限り、コンパイル時にrubyの拡張が使え
るようになります(そうでなくても、お使いいただけます)。実際の動作は、ソー
スコードに含まれるサンプルファイルをご覧ください。

以上になります。