日本Rubyの会 Rubyist Magazine 編集のささだです。

 日本Rubyの会有志が発行している Rubyist Magazine (*1) は、
おかげさまで来月に発行する 16 号をもって二周年を迎えます。ま
た、日本Rubyの会(*2)は今月で二周年を迎えることができました。

(*1) Rubyist Magazine (http://jp.rubyist.net/magazine/)
(*2) 日本Rubyの会 (http://jp.rubyist.net/)
     会長:高橋征義
     当会は、スクリプト言語 Ruby について、
       ・Rubyの利用者の支援
       ・Ruby (+ Rubyのライブラリ) 開発者の支援
     を目的とした任意団体です。


 そこで、読者の皆様(個人・団体どちらでも)、関係者(執筆さ
れた方、インタビューさせていただいた方など)に、コメントを頂
けないかと思い、メールさせて頂きました。

 頂いたコメントは、二周年記念企画のひとつとして、来月 9 月
の初旬に発行予定のRubyist Magazine 0016号(2006-9)に、
「Rubyist Magazine へのたより」という記事の名前で掲載させて
いただこうと考えております。

 コメントの内容につきましては、二周年を迎える Rubyist
Magazine について、コメント、苦情、叱咤激励などを頂ければ幸
いに存じます。同じく既に二周年を迎えました日本Rubyの会へのコ
メントも歓迎いたします。長さについての制限もとくにありません。


 コメントの投稿方法は、「ささだへ直接メール(ko1 / atdot.net)」
ということでお願いいたします。ML への返信にはしないでください。
応募期限は Rubyist Magazine 16 号がリリースするまで、というこ
とにさせてください。

 頂くメールには

・掲載する名前(個人名、団体名)、肩書きなど(あれば)
・るびま関係者であれば、その関係(執筆者、など)
・コメント

を書いていただければ、と思います。


 よろしくご検討ください。


-----

以下、余談:

 昨年は関係しそうな方々、団体にコメントお願いのメールを出し
たのですが、spam メールとして悪評高かったので、今年は ML へ
メールさせていただきました。結果としてはもっと多くのメールを
流しているという。

参考:
Rubyist Magazine へのたより
http://jp.rubyist.net/magazine/?0009-Comments


 るびまのモチベーションのひとつは、やはり読者の方の声なんで
すね。るびまもそろそろ止めるか、という声もある昨今、皆さんの
生の感想はいろいろと参考になると思うので、ご協力頂けると幸い
です。


 以上、よろしくお願いします。
-- 
// SASADA Koichi at atdot dot net