馬場@大阪です。
ほとんど、まったくの初心者なのですが、
一連の議論は、なかなか面白い問題を含んでるように思いました。

小波先生がおっしゃるように、他の言語を経てきた人むけでは
なくて本格的な言語はまったく初めてで、Rubyに取り組みたい
という人への入門書となると、なかなかないかもしれませんね。

基本的にはHSPがターゲットのはっきりしたツール用の記述言語で、
命令自体に目的がはっきり示されている。また、対象となるものが
最後の出来上がりまではっきりと示せるもので、トータルの行数
も、少なくて済むように作成されている言語だと思います。
この場合は、シンプルで強力なストーリーに基づいたトータルな
それまでプログラムも触っていなかった人向けへの入門者向け
書籍を書くということは明確な形をとりやすいと思います。

一方、Rubyは一般のプログラム言語で、今までのプログラム言語
が歩んできた道を振り返りつつ、いくつかのプログラム開発面での
問題を克服するための仕組みを具現化し、他方記述のシンプルさを
求めた言語のように感じています(感覚的にしか表現できなくて
すみません)
反対に特定のことがズバットできる、その組み合わせ(手順と
シンプルな制御構造)で、どんどん仕上げていくという意味では
実装部分に差をつけられるところが多くなるでしょう。
ある意味で、したいことの実装の集合体を順番に組み合わせ
るという解も提供され続けるのも当然といえば当然だと思います。

Rubyにはプログラム言語として使ってもらうということ(つまり
プログラムが出来上がる)と、新しく組み入れられた特徴を
有効に生かして従来よりもスムーズにプログラミングをして
プログラムのライフサイクル全体にわたって品のよい
アプローチを提供する言語としてのあり方を示すという
2つの面があると思います。

入門書には、わかりやすいターゲットと、なにかをつくり
あげていく一貫した筋書き、シンプルなコードと絶え間ない
達成感が必要かと思われますが、プログラムづくりの
手順におわることなく、Rubyのもつ魅力や不思議なところ
そして、なにより、Rubyの目指した(?)全てのプログラムを
作る人にとって、有用な考え方に触れられる書籍であった
らいいなと思います。

それをどうやって作っていくか、折角の機会ですから、
ここでも、どんどん議論してみてはどうでしょうか。

細かい話ですが、我々初心者がわかりやすい方法も一つ一つ検討
していただけると、助かります。
例えば、
手順を説明する画面キャプチャーと説明とかも、できるだけ、動画
と音声で供給していただけたりすると、操作がリアルにわかると思
います。

ばらばらなアイデアでも、集積していけば、なにかさらによい
方法がでてきそうです。

「Rubyの冒険」という本は、一貫したストーリをもちながら
プログラムの作成の中にいろいろな概念を紹介しつつ記述も
押さえているという点で、いい素材の一つではないでしょうか。

もう一つは、関西の勉強会のように、いくつか勉強会ができてきて
具体的なコードを見る機会が増えたり、最初から、教えてもらう
機会ができたりという取り組みも各地であるといいなと思います。

馬場幹彦