わからない教科書の名前をあげろといわれましても、
すべての教科書がわかりにくいです。
欠点をいろいろあげつらうのは容易ですが、そういった
デバッグ方式でいい本ができるわけもないですし、
それは部分最適化ですから。

部分最適化でなくて全体最適化ができる人に書いて欲しいですから、
教育学と教育工学の素養があり、なおかつ
rubyの知識がある人に書いてもらった方がいいです。
コードしか書けない人の本はもういらない
結城さんの書くような本が一番理想に近いです。

具体的なテクニックとしては、
まず、いまから何を教えようとしているのか明確にすること。
それを理解するためのサンプルを14個用意すること。
読者が理解するまで先に進まないこと。
読者が内容を理解したかどうかのミニテストを設置すること。

フォントを大きく、読みやすくすること。
多色ずりをつかって理解しやすくすること。
電車の中でも読めるように薄い本にすること。

こういった基本的なことです。
あと一冊の本で一個の概念しか教えないというのも重要です。

明治維新のときに、近代的教育のテクニックとして
「カリキュラム」
という概念が入ってきました。
アマゾンUSAで教育関連の書籍を探すといっぱいヒットします。
日本人は野蛮で未開ですから教育などという分野は発達していませんが、
アメリカでは教育学の教授が軍事トレーニングのチームに入っていたりとか、
あとは英語で書かれたパスカルの本を読んだりすると
「この本は教育工学の手法を参考にして書かれた」
とか書いてあったりします。
アメリカは多民族国家なので以心伝心などまったく機能せず、なんでもかんでも
とにかく文字と言葉で表現しなければ意思疎通が不可能なのでこういった分野が
発達したかと思いますが。
日本人はしゃべらないのが美徳とかいってドキュメントもマニュアルも何も作ら
ずに
秘密主義にして神秘性をもたせたほうがいいんだとか、そういった思想があるの
で困る。

> 斉藤秀格と申します。
> 
> Omoti wrote:
> > Rubyは初心者にとってわかりやすい本も出てませんし
> > 既存の教科書をいくら読んでもさっぱり意味不明ですので
> 
> うーん、Rubyってそんなに分かりにくいですか?参考までに、もしよろしけれ
> ば、意味不明だった"既存の教科書"の書名を伺えますでしょうか?分からない点
> を質問するなどして、不明点を解消するというのは無理ですか?
> 
> 個人的にはC/C++→Java→Rubyという順序で経験してきて、Rubyが最もあっさり慣
> れた言語です。好みや相性があるとは思いますが。
> 
> > HSPでコードを書いてそれをリダイレクトというか、パイプというか
> > マウントというか、変換モジュールみたいなのでrubyのコードに変換
> > されるというか、ソースを書く作業はHSPで。それをどうにかすると
> > rubyとして実行される。こういうのがほしいんですけど。
> 
> そういった需要があればどなたかが開発していそうな気はしますが、実際のとこ
> ろはどうなんでしょう?HSPだけで完結する訳にはいかず、どうしてもRubyで書
> かないといけない仕事なんでしょうか?
> 
> 余談ですが、できることならPalmOS用のアプリケーションをRubyで書きたいもの
> です。ZaurusならRuby/Qtを利用できるので助かってます。
> 
> > HSPだったらようは中身はbasicなのでだいたいわかりますので。
> 
> BASICを使える人であれば、Rubyにも対応できるような...。私の誤解ですかね?
> 情報量ゼロ、疑問符ばかりですみません...。
> 
> ///// ------------------------------------------------------------------
> -O-O-   "Sai10 Sight"                        斉藤 秀格 (SAITO Shukaku)
>   _     http://www.sai10.nu/                 mailto:shukaku / sai10.nu
> 
> 

-- 
Omoti <omoti / n24.net>