原です。

>小波です。
>
>原さん,いつもありがとうございます。あまり時間がないので簡単に

いつもありがとうって、私何かしましたっけ?(^^; もしかして 
statistics2

  http://blade.nagaokaut.ac.jp/~sinara/ruby/math/statistics2/

のことかな。実はこれ、かなりやっつけ仕事でして、意外に統計関数
が巷に出回ってないので、あちこちの関数を貼り合わせて作ったもの
です。教科書に載ってる程度の精度があればと思ったんですが、自信
ありません。おかしい値が出たら教えて下さい。

ところで小波さんの統計学講義ノート

  http://www.cs.kyoto-wu.ac.jp/~konami/data-s2/

拝見させていただきました。すごい。こんなテキストがタダで手に入る
なんて(ですよね?)驚異(出版社にとっては脅威)的です。

>なお,これは別の話題なんですが,私が
>社会学系の学生に統計の授業をやっていて思うのは,定理を式の導出
>で納得する学生はごく少数で,むしろシミュレーションをたくさんやら
>せて,たとえば一様分布や二項分布から正規分布へといった極限操作を
>扱わせると納得がいくという受容の仕方が,後まで印象として残るよう
>だということです。
>1万人の母集団からの無作為抽出というのは,現実にできる実験ではな
>いけれど,シミュレーションでは容易にできるわけで,最近では
>Ruby でその手のシミュレーションを書きまくっています。その中で
>登場したのが,Ruby 的なランダマイズの書き方でした。

先のコードを見たとき「30万個もデータ取るかなフツー」と思ったの
のですが、なるほどこうするとリアルに確率分布を手に取ることができ
るわけですね。統計の本って「手計算の工夫」みたいのが載ってる古い
タイプか、中途半端に理論的なのとか、「Excel使ってなんとか」式のマ
ニュアル化したものとかが多くてなかなか満足できないのですが、そう
ではない、コンピュータを援用した新しいコースの可能性を感じました。

  「Ruby de 統計学」

とか書きませんか?:-)