永井@知能.九工大です.

先日よりご案内させていただいております「Ruby/Tk 講習会」についてです.

# 講習会については
#  http://blade.nagaokaut.ac.jp/cgi-bin/scat.rb/ruby/ruby-list/40162 
# を参照ください.

以前の案内にもありました通り,講習会は会場にある TurboLinux の端末を
利用して行うこととしておりますが,たむらけんいちさんに Ruby Installer 
+ ActiveTcl 用の tcltklib を作成していただいた結果,もしご自分のノー
ト PC を持ち込むのであれば,Windows での受講も十分に可能となりました.

ただしその場合には,下記の手順に従って,受講に支障がないような新しい
バージョンの Ruby および ActiveTcl をインストールしておいてください.

# もちろん,同等以上に新しいバージョンの環境がインストールされていれ
# ば,再インストールする必要などはありません.

なお,講習会の残り席数は 11/18 18:00 現在で 5 席となっております.
ノート PC 持ち込みの方が多ければ少数の定員超過は可能かとは思いますが,
参加を希望される方はお急ぎください.

---------------------------------------------------------------------

  [ Ruby/Tk 講習会を Windows 環境で受講するために ]

2004/12/11 に Kyutech プラザで開催される Ruby/Tk 講習会は,会場にある 
TurboLinux 端末で行うことを予定しています.
ですが,ご自分のノート PC を持ち込んで受講する場合には Windows を利用
することも可能です.ただしその場合には,下記手順で前もって Ruby/Tk を
インストールしておいてください.

 1. One Click Ruby Installer 182-14_rc9 をインストールする.

     http://rubyforge.org/projects/rubyinstaller/ から入手できます.
     Ruby 1.8.2-preview3 がベースになっています.

     ダウンロードした ruby182-14RC9.exe を実行するとインストーラが
     起動しますから,画面の指示に従ってインストールしてください.

     画面の指示のままボタンをクリックしていった場合 c:\ruby にイン
     ストールされますので,インストール場所を変更したい場合は途中で
     出てくるインストール場所の指定を忘れずに変更してください.

     182-14_rc9 に添付の Tcl/Tk ライブラリのバージョンは 8.3 であり,
     少々古いものです.今回の講習会では,後述のようにより新しいバー
     ジョンのものを用いますので,インストール作業の途中で表示される
     インストール内容の選択において,不要となる Tcl/Tk ライブラリを
     インストールしない ( "Tcl/Tk GUI Libraries" の項目の中の "Tcl/Tk
     Win32 Libraries" のチェックを外す ) ようにするのが良いでしょう.


 2. ActiveTcl 8.4.7.0 か 8.5.0.0b2 をインストールする.

     http://www.activestate.com/Products/ActiveTcl/ から入手できます.
     DOWNLOAD をクリックすると contact info を入力する画面が表示され
     ますが,入力は必須ではないので,どうしても入力したくなければその
     まま NEXT ボタンをクリックしてください.
     ActiveTcl 8.5.0 Beta 2 と ActiveTcl 8.4.7.0 が表示されると思いま
     す (2004/11/19 現在).いずれか好きな方を選択してダウンロードして
     ください.それぞれでの違いを簡単に説明しておきますと,

      ActiveTcl 8.5.0 Beta 2
        Tcl/Tk 8.5a2 相当がベース.
        正式の 8.5 の前のα版であるため,同梱されている Tcl/Tk 拡張
        の種類が少ない.
        そのため,Ruby/Tk に添付の Tcl/Tk 拡張向けの一部のサンプル
        スクリプトは動かすことができない.

      ActiveTcl 8.4.7.0
        Tcl/Tk 8.4.7 ( 安定版 Tcl/Tk の最新版 ) がベース.
        ActiveTcl 8.5.0 Beta 2 よりは多くの Tcl/Tk 拡張を同梱してい
        るため,Ruby/Tk に添付の Tcl/Tk 拡張向けのサンプルスクリプ
        トの大部分を試すことができる.
        代りに,Ruby/Tk に添付の Widget Demo の内,Tcl/Tk 8.5 の機
        能を用いているもの ( 3状態チェックボタンなど ) は試すこと
        ができない.

     というようになっています.

     ダウンロードした ActiveTcl8.5.0.0b2-win32-ix86-99907.exe または 
     ActiveTcl8.4.7.0-win32-ix86-108887.exe を実行すると,インストー
     ラが起動します.画面の指示に従ってインストールしてください.

     指示のままにインストールした場合,c:\Tcl にインストールされます.
     変更したい場合は Installation mode の指定と同時に表示されるイン
     ストール場所の指定を忘れずに変更してください.


 3. One-Click Ruby Installer with ActiveTcl向け tcltklibバイナリを
    ダウンロードして導入する.

     たむらけんいちさんの日記のページ

      http://www.rubyist.net/~tamura/d/?date=20041118 

     からダウンロードします.ファイルの URL は

      http://www.rubyist.net/~tamura/d/files/tcltklib-rb182vc7.zip

     です.
     アーカイブファイルを展開すると,tcltklib.so というファイルが得
     られます.

     展開して得られた tcltklib.so をコピーすることで導入します.

     One Click Ruby Installer でインストールした場所を <root> とした
     場合 ( デフォルトでは上述のように c:\ruby ),

       <root>\lib\ruby\site_ruby\1.8\

     というフォルダに tcltklib.so をコピーしてください.


以上でインストールは完了です.
One Click Ruby Installer によってインストールされた Ruby/Tk のサンプ
ルスクリプトを動かしてみてください.
なお,インストールされる Ruby/Tk Widget Demo のランチャースクリプトは 
"widget" という名前になっていると思います (Widget Demo のほとんどはこ
のランチャ─スクリプトから起動されます).このままですと,拡張子による
コマンド割り当てができずに不便でしょうから,"widget.rb" に名前を変え
ておくと良いでしょう.

---------------------------------------------------------------------
-- 
                                         永井 秀利 (九工大 知能情報)
                                             nagai / ai.kyutech.ac.jp