yokoyamaです。

----- Original Message ----- 
From: <Itou-T15 / mail.dnp.co.jp>
To: "ruby mailing list" <ruby-list / ruby-lang.org>
Sent: Friday, April 09, 2004 3:53 PM
Subject: [ruby-list:39524] Re: int/int in Ruby2?


>
> 伊藤 です。
>
> 「ハードが実装する整数」を直接使ってプログラムする慣例は
> 定着していますし、それなりの有効性もあると思います。
>
> 実数も数学の実数ではなく、「浮動小数」で、計算・比較の注意点も
> ハードの整数とはちがうが、あります。
>
> 有限桁計算の基盤に乗っかっている以上、その制約が見えても
> なんとかやり過ごしています。(厳密じゃない計算でも使えている)
>
> 「数学整数」に変えて驚きを少なくする効果はあるにしても
> 小さいから、変えなくてよいと思います。
>
> ● 数学には従わず、ハードの実装に従っている、という説明で十分では。
>
> 理由:低コストで使え、理解もできて、
>   数学から少しズレていても「困らない」。
>

私も伊藤さんの意見に賛成です。
まだ、rubyを始めたばかりなのですが、私がrubyを始めた理由は
rubyがオブジェクト指向言語であるとかrubyの言語としての美しさに
ひかれてとかではありません。現在、私はC言語での開発をメインとしており、
ほかに必要に応じてVB、C#等での開発を行っています。
従って、rubyの使いかたとしてはrubyだけを使うのではなく、他の言語との併用
になると思います。そうしたことを考えると、他の言語との互換性(特にC言語と
の)
が高いことが、プログラムの開発時には非常に重要になります(少なくとも私は)。
今後はC言語で開発していたものをrubyに置き換えるケースも
でてくるかと思いますが、そのようなときに、基本的な四則演算の
結果がC言語と同一の結果にならない場合、非常にストレス
を感じることになると思われます。rubyの言語の良さは、そのパワフルさに
あります。そして実際の業務に適用してこそ、その価値があると思います。
学術的にrubyが高尚であっても、現実の業務に適用した場合に不自由さが
生ずるのでしたら、rubyの価値が半減します。