西森と申します。

YAMLをShift-JISで使用したときに、2バイト目にエスケープシーケンスを含む文字を使用すると、文字化けします。
環境は 1.8.1 (2003-12-25) [i386-mswin32] です。


具体的には、文字コードを指定せずに
	puts [0x94, 0x5C].pack('c2').to_yaml
を実行すると、出力は
	--- "能\"
となります。
ここで、ruby.exeのオプションに -Ksを付けて実行すると
	--- "能"
と、エスケープされずに出力されます。

文字コードを指定しない方は、それを
	y = [0x94, 0x5C].pack('c2').to_yaml
	puts YAML.load(y)
のように出力した場合、正しく「能」が出力されますが、オプション -Ks を付けたほうは文字化けします。
YAML.to_loadがShift-JISに対応していないのではないでしょうか。