岩崎 です。

Yuyaさん、お付き合いありがとうございます。

 > > ・pathext環境変数に.rbを追加していた。
 > >  (これはコマンドラインで拡張子なしで起動するための設定です)
 > > ・この状況ではコマンドラインでexerbと指定してもexerb.rbが認識され
る。
 > > ・ruby -S exerb と指定することでexerbを起動して処理可能でした。
 > bin/exerbを改造しないのであれば、Exerb Win32 Binary Packageを
 > お勧めします。bin/exerbがExerbで実行ファイル化されているので、
 > PATHさえ通せば、exerbコマンドとして使用できるようになります。

 方法は色々ありますね。参考にさせていただきます。

 > ただし、コアファイルの検索パスが違うので注意が必要です。

 具体的にどのような注意が必要なのですか。

 > 
 > >  configcc.rbには'ruby190c.exc'と'ruby190g.exc'がかかれていましたが,
 > >  これはApolloの1.6.7のexe化の際などになにか影響がありますか?
 > >  (レシピファイルで1.6.7用のコアを指定すれば問題ないのかな?)
 > Exerb 3.x.xには1.6系のコアファイルは存在しません。
 > Exerb 3.2.0に付属しているコアファイルは、Ruby 1.8.1が使用
 > されています。よって、1.8系のApolloを使用してください。
  
 Exerb2.6.7を利用しているときのコアファイルがあるのですが、
 Exerb 3.x.xには利用できないと言うことですか。

 中身が分かっていないのでとんちんかんな質問かもしれません。


== Iwasaki ==
Email: ih000667 / mb.taiyokogyo.co.jp