山本です。

>| //-----------------------------------------------------------------------------------
>| // 領域指定について ('[' と ']')
>| //-----------------------------------------------------------------------------------
>| 
>|   ・'[' と ']' の間では、FNM_NOESCAPE の有無にかかわらず、エスケープは効かない。
>
>これはSUSv3ではどうなんでしょう?
>「エスケープしない」か、「規定なし」か。
>
>というのは、私の知っているとあるfnmatch実装はFNM_NOESCAPEがな
>い場合、エスケープが効くので。

http://www.unix.org/single_unix_specification/ から閲覧可能な SUSv3 の RE Bracket Expression の項に、

  The special characters '.' , '*' , '[' , and '\' (period, asterisk, left-bracket, and backslash, respectively)
  shall lose their special meaning within a bracket expression.

とあります。ファイルマッチルールは領域指定については RE を継承しているようなので、
たぶん間違いないと思います。

>|   ・'[a-b-c]' のように '-' でつなぐパターンは SUSv3 では未定義
>|     この実装では '[a-bb-c]' と解釈している
>
>えーと、'[a-bc-]'と解釈されるほうが私は好きです。

'[a-b-cd]' は '[a-bcd-]' ということでしょうか?