なひです。

> From: <m_seki / mva.biglobe.ne.jp>
> Sent: Sunday, October 12, 2003 12:43 AM

> > |サブクラスはどうやって救えばいいんだろう。
> > |かっこいい方法ないですかねえ。

> > 今みたいな簡単な方法ではなくて、dumperクラスのようなものを用
> > 意して、それの各メソッド(インスタンス変数のダンプとか)をオー
> > バーライドしてカスタマイズするのがかっこいいとは思います。が、
> > 今のMarshalとの互換性は維持できないでしょうね。

なひはいまひとつ、このまつもとさん提案の方法が、どのようにサブクラスを
救うのか理解できてません。。。

ちなみにJavaでは、dumperが、クラス階層内の各クラスの
writeObjectメソッドをそれぞれ呼んでくれるので(2種類あるserialize
インタフェイスの手軽なほう)、各クラスが、自分で定義した
インスタンス変数(とは呼ばないけど)を書き出すことで、救えます。
writeObjectメソッドが定義されてない場合、デフォルトで全ての
インスタンス変数(同)が書き出されます。

Rubyでもmarshal_dumpを順に呼べないかな、という試みを、
[ruby-dev:21590]あたりでやってみています。うまくいってないんだけど。

> よくある使い方は、
>   * 特別なインスタンス変数を出力しない、あるいは、
>     別の値を出力する
> だと思います。
> 
> そこで、デフォルトで全部のインスタンス変数を保持したオブジェクト
> (たとえばHash)を返すようにして、カスタマイズする方で出力しない、
> または別の値に取り替えるように調整するのはどうでしょう?

Rubyでは、インスタンス変数がどのクラスで定義されているか、
あまり意識してない人が多いような気がします(?)。よって咳さんの
書かれてるように、Javaみたいにクラス階層をたどることで債務分割を
するのでなく、一番下位のmarshal_dump/marshal_loadを定義するヤツが
気をつけて全部やれ、とするのもアリだと思います。

ただこうした時の問題は、継承する側は、親クラスが
marshal_dump/marshal_loadを定義してないかどうか常に気をつけないと
いけない、ということであり、JavaのようにSerializableインタフェイスという
マーカなしにdumpできるRubyでは、それ(気をつけないといけないこと)に
気付きにくいということですね(Timeを継承したクラスで_dumpを定義し
忘れておかしなことになったように)。

> [ruby-dev:21590]のextendの件はmarshal.cで気を使ってくれると
> 良いように思うけど、どうなのかしら。

ivarsはやらないんだからextendsもやらない、というのは、仕様がすっきり
してていいと思うんですよね。ただ、[ruby-dev:21592]からのように、
回避方法がないと、どうしても困る場面もでてくるかもしれません
(根拠はありません。誰も困らないかも)。

    /    /    /

関連してひとつ、別の提案ですが、Javaでは、とあるメソッド(readResolve)を
定義しておくと、loadの後に呼んでくれて、そいつが返したオブジェクトを元の
オブジェクトとすりかえる、という機能があります。singletonやenumな
クラスで、loaderが生成した新規オブジェクトを、singletonオブジェクトと
すりかえられます。

こんなのはRubyには要りませんかね?