青木です。

リファレンス検索ツール ReFe をバージョンアップしました。

[ごく簡単な実行例]

  $ refe Array
  ==== Array ====
  配列クラス。配列の要素は任意の Ruby オブジェクトです。
  一般的には配列は配列式を使って

    [1, 2, 3]

  のように生成します。
  ---- Singleton methods ----
  [] new
  ---- Instance methods ----
  & * + << <=> == [] []= assoc at clear clone collect! compact
  compact! concat delete delete_at delete_if dup each
  each_index empty? eql? fetch fill first flatten flatten!
  include? index indexes indices insert join last length map!
  nitems pack pop push rassoc reject! replace reverse
  reverse! reverse_each rindex self shift size slice slice!
  sort sort! to_a to_ary to_s transpose uniq uniq! unshift
  values_at |


  $ refe Array to_a
  Array#to_a
  --- to_a
  --- to_ary

      self をそのまま返します。

詳しくはパッケージに同梱した README.ja を見てください。

[ダウンロード]

  ReFe 本体 + ドキュメントデータベース + ソースコードデータベース
  http://i.loveruby.net/archive/refe/refe-0.7.2-withdocsrc.tar.gz

  ReFe 本体 + ドキュメントデータベース
  http://i.loveruby.net/archive/refe/refe-0.7.2-withdoc.tar.gz

  ReFe 本体のみ
  http://i.loveruby.net/archive/refe/refe-0.7.2.tar.gz

[主な変更]

  * README をかなり改善した
  * Object#marshal_dump, Thread.exclusive などを拾えてなかったのを修正
  * データベースを更新
  * ruby 1.8.0 でテストした
  * データベースに TMail のリファレンスも入れてみた

データベースに入れてほしいもののリクエストがあったら言ってください。
RD のリファレンスがあるものなら善処します。
-------------------------------------------------------------------
青木峰郎