藤岡です。

> その場合ですが、例えばfoobar.binと言う名前のファイルを
> ダウンロードさせたい場合は
> 
> print "Content-Diposition: attachment; filename=\"foobar.bin\""
> print "Content-Type: application/octet-stream\n\n"
> 
> と言うヘッダを出力した後に、ダウンロード可能にしたい
> ファイルの内容を出力すれば実現されるはずです。
> 
実現できましたので報告します。

#!/usr/bin/ruby
require 'cgi'

fh=open("datafile")
cgi=CGI.new('html3')
header = { "type"=>"application/oct-stream",
  "Content-Disposition"=>"download;filename=foobar.bin"}
cgi.out(header){
  fh.read
}

こんなんでOKでした。

# leakproxy.rb をフルに使わせていただきました。
# ありがとうございます。
-- 
藤岡岳之/FUJIOKA Takeyuki <fuji / ftserve.net> http://www.ftserve.net/~fuji/