藤本です。

RubyCocoa 0.2.7 をリリースしました。

  http://www.imasy.or.jp/~hisa/mac/rubycocoa/

== RubyCocoaとは ?

RubyCocoaは、MacOS XのCocoaオブジェクトをRubyスクリプトからRubyオブジェ
クトとして扱うための、RubyライブラリとMac OS Xフレームワークです。
RubyCocoaを使って

  * Rubyスクリプトの中でCocoaのオブジェクトを生成して使う
  * RubyとInterface Builderを使ってCocoaアプリケーションを書く

といったことができます。RubyCocoaを使うのに適していると思われるのは

  * irbやスクリプトでCocoaオブジェクトのお手軽動作チェック
  * Cocoaアプリケーションのお手軽プロトタイピング
  * 小規模の簡単なCocoaアプリケーションの開発
  * RubyスクリプトにOSX用の簡単なユーザインターフェースをかぶせる

などです。

== 0.2.6からの主な変更点

[CHANGES] NS関数・定数の Mac OS X 10.2 対応。NSAppleScriptなど。

[CHANGES] NSSoundを使っているサンプルの Mac OS X 10.2 対応。

[BUGFIX] TOPレベル以外で定義したCocoaの派生クラスのインスタンスを作る
ことができない問題を解決した。

  module MyModule
    class AppController < OSX::NSObject
    end
  end

[BUGFIX] NSStringとの文字列変換のとき、中間に\0を含む文字列を正しく処
理するようにした。

[CHANGES] Objective-CとRubyの間でのオブジェクト変換ができなかったとき
場合、例外OSX::OCDataConvExceptionを発生させるようにした。

-- 
藤本尚邦  FUJIMOTO Hisakuni