あおきさんの setup.rb/install.rb についていくつか要望があります。

1) 拡張ライブラリのディレクトリ下の lib/

 パッケージ foo について、

	foo/ext/*
	foo/lib/*

に加え、 extconf.rb の挙動に倣い

	foo/ext/*/lib/*

もインストールするようにしてほしいです。(実際には MANIFEST および
extconf.rb のあるディレクトリ下の lib/*)

2) --{with,without}=..

 今の setup.rb --{with,without}=.. で指定できるのはパッケージ単位
ですが、パッケージ内の特定のモジュールのみインストールできると便利
だと思います。

 setup.rb 3.x でパッケージという考え方を導入したときに廃止したの
だと思いますが、開発時は「ちょっとこれはまだ不完全だから外したい」
とか「これだけインストールしてテストしたい」なんてことがあるので、
もし簡単に実現可能であれば検討をお願いします。

3) setup.rb と install.rb の一本化

 あまり差も大きくないので、複数パッケージかどうかを packages/ の
有無で判別するようにして一本化してしまってはいかがでしょう。


 あとは、カレントディレクトリをパッケージルートと見るようにした
ruby-setup コマンドとして標準添付できないかな。。

-- 
                     /
                    /__  __            Akinori.org / MUSHA.org
                   / )  )  ) )  /     FreeBSD.org / Ruby-lang.org
Akinori MUSHA aka / (_ /  ( (__(  @ iDaemons.org / and.or.jp

"Somewhere out of a memory.. of lighted streets on quiet nights.."