From: "Shirai,Kaoru" <shirai / p1jp.com>
Subject: [ruby-list:35215] ruby-shell-mode
Date: Mon, 20 May 2002 14:18:25 +0900

るびきちです。

>  スタックトレースからファイル名と行番号を拾って、そのファイルを開ける
俺は
C-c C-x で executable-interpret を割り当て、エラーがでたときは C-x ` で飛べるようにしてます。
ただ、いまいち不完全なのでもうちょっとにつめてみます。
他にやっている人がいるような。

> emacs-lisp を作ってみました。 shell-mode の拡張 ruby-shell-mode として組ん
ruby-shell-modeという名前でつい反応してしまいました(^^;

shell-modeとinferior-ruby-modeを融合させた拙作emacs-lisp「irbsh」があるからです。
http://www.ruby-lang.org/~rubikitch/computer/irbsh/
rubyの文が書けるシェルといったところでしょうか。

こんなのです。

irbsh[19@01:19](*SHELL*):007:0>  sleep 300; bell.rb 
~ $ sleep 300; bell.rb
irbsh[19@13:30](main):008:0> 25*250+50*250
18750
irbsh[19@13:46](main):009:0> 250*700
175000


> (5) スタックトレース行の上で C-c C-r
>     するとその行へ飛ぶ。
いちいちスタックトレース行へ移動しないといけないのがちょい面倒かもしれません。
その点 C-x ` はわざわざスタックトレース行へ移動しなくてもすみます。

あと、C-c C-rも comint-show-output という出力を画面上部からはじめるコマンドに
割り当てられています。
個人的によく C-c C-r は使っています。
これはとりあえずmajor-modeにするのではなくてコマンドだけ提供するという形でもいいような。



るびきち☆
http://voo.to/ruby/ ←Ruby大衆化計画(笑)