newです.

On Wed, 8 May 2002 17:21:35 +0900
matz / ruby-lang.org (Yukihiro Matsumoto) wrote:
> In message "[ruby-list:35017] Re: 式にならない文← a = 4 ; p((a < 3) or (a > 5))"
>     on 02/05/08, "丹生 光則 Nibu,Mitsunori." <nibu / tec.osaka.jip.co.jp> writes:
> |not true
> |自身は,単項演算子+定数ですから,式なのではないでしょうか?
> 
> 他の言語では「値を持たないのが文、値を持つのが式」という定義
> のものが多いので誤解を招いているかもしれません。Rubyでは「直
> 接引数にできるものが式、そうでないものが文」です。

なるほど,そのような定義だったのですか.
自己言及的な気はしますが...^^;

文と式は評価の優先度が違うだけで,本質的な差はないということでしょうか?
しかし,プログラムは文の集合であって,式の集合ではないのですよね?
うまく説明できないのですが,何か本質的な違いがあるような気がするのです.
いまだにFORTRANなんか扱ってるから,レガシーな思考が抜けないのでしょうか.
^^;

> 「not true」は値を持ちますが、直接は引数におけないので「文」
> です。で、置けない理由は優先度です。

文と式の境界には何があるのでしょう?
メソッドの呼び出しの優先度でしょうか?

# これは単なる好奇心です.^^;
# くどかったら,すみません.

------------------------------- 
丹生 光則 Nibu,Mitsunori.
日本電子計算(株) 大阪建設技術部
e-mail: nibu / tec.osaka.jip.co.jp