中島@ブレーンです。

コメントをくださったみなさん、ありがとうございます。ほぼ答えが出たよう
なので、一応まとめてみます。誤解や不足があったら指摘してください。

> (1) GPLのソースをrequireするプログラムは必ずGPLになる
→ No

GPLの理念やRMSの目的から言えば望ましいことではありませんが、インタープ
リタ言語のソースでは、ライブラリをGPLでライセンスしてもライブラリを使
う側のプログラムのライセンスについて条件をつけることはできません。それ
は、他人の著作物に直接ものを言うことができないという著作権の限界から来
るものです。GPLは著作権がベースなので、この限界以上のことはできません。

コンパイルしてバイナリを作成する場合は、そのバイナリがソースから派生し
たものなので、そのバイナリ、すなわち派生した著作物の配布に対して、条件
をつけることができます。

しかし、ソース=実行形式であるインタプリタ言語の場合は、ライブラリ使う
側のソース(=実行形式)は別個に作成され別個に配布することができます。そ
のため、ライブラリのライセンスからライブラリを使う側に条件を設定するこ
とはできません。

この問題には、「コミュニティルール」の問題として、GPL以外の解決が必要
だと思われます。

> (2) 開発されたプログラムがGPLであると再配布をしなくてもソース公開の義
>     務が生じる
→ No
          
GPLが求めるソース公開とは、バイナリの配布を受けた人に対するソースの提
供です。従って、ソースを*誰に*公開するのかと言うと、バイナリをもらった
人に対してソースを公開すればGPLの要請を満たすことになります。

ですから、具体的に誰がソースを受けとるかは、誰の手にバイナリが渡るのか
によって違います。

GPLではバイナリの再配布を禁止することを認めないので、一般的には世界中
誰でもバイナリを入手できるようになります。そのため、世界中誰でもソース
をもらう権利が発生します。実際に、Linuxのディストリビューション等では
いちいち一人一人にファイルを送付するのも面倒なので、ソースはFTPサーバ
にソースをおいて一般公開するという方法で公開されています。

しかし、ユーザはバイナリの再配布を強制されるわけではないので、ユーザが
バイナリを再配布しなければ、ソースを一般公開する必要はありません。

受託開発で特定ユーザ向けの業務アプリケーションを開発するようなケースで
は、逆にユーザは自社の業務に密接に関連したバイナリもソースも公開したく
ない方が一般的です。このようなケースでは、開発者とユーザが同意すれば、
一般に公開しないでGPLソフトを改変して利用することが可能になります。

GPLの文面が以上のように解釈できるということは、コメントしてくださった
方は全員、同じ意見のようですが、それがRMSの意図なのかGPLの「穴」なのか
という点では意見が割れました。

RMSが意図的にそのようにGPLを作ったという意見では、根拠としてRMSのNPL 
ドラフトに対するコメントが紹介されていました。

http://groups.google.co.jp/groups?selm=199803132132.OAA29345%40wijiji.santafe.edu&output=gplain

また、RMSが求めるのは「オリジナルの作者によるコードの支配ではなく、エ
ンドユーザの自由である」からGPLは意図的にこうなっている、という意見も
ありました。

# GPLはソースの公開(配布)以外にもいくつかの条件を設定していますが、一
# 般的には他の要件は守るのが簡単なので、以上の説明では話をソースの公開
# に限定しています。

-- 
「stableでなければ生きていけない。unstableでなければ生きてる意味がない」
中島 拓 (株)ブレーン 研究部 (tnakajima / brain-tokyo.jp)
http://www.brain-tokyo.jp/~research/koutetu/