中島@ブレーンです。

> > (1) GPLのソースをrequireするプログラムは必ずGPLになる

こっちの問題はよくわかりました。ありがとうございます。

インタプリタ言語のプログラムについては、法的な意味(有効性?)と理念が一
致してないわけですね。

> > (2) 開発されたプログラムがGPLであると再配布をしなくてもソース公開の義
> >     務が生じる
> 
> 開発という以上、「ソースをいじる」ということですよね。これは基本的に人格
> 権侵害ですから(同一性保持権侵害)、「オリジナルソフトの開発者に対して」
> 債務(ライセンス条項に従って公開する義務)が発生します。

ここなんですが、「公開」とは誰が誰に対して公開するのでしょうか。

O: オリジナルソフトの開発者(Original)
D: オリジナルソフトを改変した人(Developer)
U: 改変したソフトを使う人(User)

としたら、DがUに改変したプログラムを渡すことで発生する債務とは

債務: DのOに対する債務

公開: DがUに(改変したソフトの)ソースを見せること
      (他にもいろいろありますが、他は守ることのが容易なのでここではソー
      スを渡すことに限定して話をさせてください。)

じゃないでしょうか。つまり

  DがUにソースを渡さなかったら、DはOに怒られるよ

という意味ではないかと思ったんですが。

だから、DはUに対してソースを見せれば、Oが何か言ってきても「ちゃんとソー
スを渡したよ。嘘だと思うならUに聞いてみな」と言えば、それで終わりでは
ないかと思います。

一般的には、Uが不特定多数ですから、「DがUにソースを渡す」というのが、
FTPサーバにアップして一般公開することと実質的に同等で、自然とOにもソー
スが手に入ることになります。しかし、GPLがそれを保証しているわけではな
いし、それを目的としているわけでもない、と私には読めました。

私がこの(2)で問題にしているのは、「Uが再配布を行なわない」ケースです。
そうすると、Dがソースを見せる相手はバイナリを渡した人、つまりUだけにな
ると思うのですが、どうなんでしょうか?

> 再開発者(改変者)は、オリジナル開発者に対して債務を負うのであって(した
> がって原告適格はオリジナル開発者)、その債務の内容が「改変部分等のソース
> を公開すること」です。##ややこしいですね〜
  > 
> ユーザと再開発者は、「ユーザがどのような条件で改変後ソフトを利用できるか」
> について契約することはできます。両当事者で、再配布禁止にしたり。
> ただし、その内容によっては、オリジナル開発者が原告になって債務不履行の主
> 張が立つことがあります(が、損害は立たないと思う→ので訴訟にならない)。
> 
> ぶっちゃけていうと、改変者がガチガチのライセンスでユーザに再配付したとい
> う事実について、GPL教のオリジナル著作者が「えーかげんにせーよ」とは言
> えますが(だから門前払いにはならない)、損害の認定は取れんでしょうなぁ。

これは、DとUの意向がくい違っている時のことですよね。

D: 再配布してほしくない
U: 再配布したい

という喧嘩になったら、Oが出てきて「Uの勝ち」と宣言できるということで、

D: 再配布してほしくない
U: 再配布したくない

と両者一致して再配布するつもりがない場合には、Oの言えることは「DはUに
ソースを見せなさい」ということでしかなく、改変物のソースをO自身が請求
することも、改変物の再配布を強制することもできない、と私には読めてしま
うのですが・・・

-- 
「stableでなければ生きていけない。unstableでなければ生きてる意味がない」
中島 拓 (株)ブレーン 研究部 (tnakajima / brain-tokyo.jp)
http://www.brain-tokyo.jp/~research/koutetu/