At Thu, 21 Mar 2002 15:41:29 +0900,
K.Kosako <kosako / sofnec.co.jp> wrote:
> それから、自分で配布することは考えていないと言いましたが、
> 既にCVS Repositoryの中に入っていて(knuさんのおかげです。ありがとうございます)、
> Rubyと独立に取得できるようになっているので、ライセンスをどうするか
> 決めておく必要があるのではないかという気がしてきました。
> 
> 具体的なライセンスのこともわからないのですが、
> knuさんに敬意を表して、BSDライセンスにしておけばいいのでしょうか。

 私は資源を提供しているわけではありませんし、管理において大した
ことをしているわけでもないので、それに縛られるということだと恐縮
してしまいます。ライセンスについては、ぜひとも自分で比較検討して
決定なさってください。

 ただ、 Ruby に含める場合、 BSD ライセンスよりきついライセンスは
困るというのが大方のコンセンサスだと思います。(今の regex.[ch] が
LGPL であることがバイナリ配布に際して大きな悩みの種になっている..)

> BSDライセンスが、どのようなものかも知りませんが。

 (改訂)BSDライセンスの雛形は以下のような感じです。

/*-
 * Copyright (c) <西暦年> <名前>
 * All rights reserved.
 *
 * Redistribution and use in source and binary forms, with or without
 * modification, are permitted provided that the following conditions
 * are met:
 * 1. Redistributions of source code must retain the above copyright
 *    notice, this list of conditions and the following disclaimer.
 * 2. Redistributions in binary form must reproduce the above copyright
 *    notice, this list of conditions and the following disclaimer in the
 *    documentation and/or other materials provided with the distribution.
 *
 * THIS SOFTWARE IS PROVIDED BY THE AUTHOR AND CONTRIBUTORS ``AS IS'' AND
 * ANY EXPRESS OR IMPLIED WARRANTIES, INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, THE
 * IMPLIED WARRANTIES OF MERCHANTABILITY AND FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE
 * ARE DISCLAIMED.  IN NO EVENT SHALL THE AUTHOR OR CONTRIBUTORS BE LIABLE
 * FOR ANY DIRECT, INDIRECT, INCIDENTAL, SPECIAL, EXEMPLARY, OR CONSEQUENTIAL
 * DAMAGES (INCLUDING, BUT NOT LIMITED TO, PROCUREMENT OF SUBSTITUTE GOODS
 * OR SERVICES; LOSS OF USE, DATA, OR PROFITS; OR BUSINESS INTERRUPTION)
 * HOWEVER CAUSED AND ON ANY THEORY OF LIABILITY, WHETHER IN CONTRACT, STRICT
 * LIABILITY, OR TORT (INCLUDING NEGLIGENCE OR OTHERWISE) ARISING IN ANY WAY
 * OUT OF THE USE OF THIS SOFTWARE, EVEN IF ADVISED OF THE POSSIBILITY OF
 * SUCH DAMAGE.
 */

 オプションとして、「これを組み込んだ製品の宣伝に許可なく自分の
名前を使うな」という条項を付けることもあります。

 * 3. Neither the name of the author(s) nor the names of its contributors
 *    may be used to endorse or promote products derived from this software
 *    without specific prior written permission.

 オリジナルの BSD ライセンスには、以下の「宣伝条項」というのが
ありました。

 * 3. All advertising materials mentioning features or use of this software
 *    must display the following acknowledgement:
 *      This product includes software developed by <名前> and its
 *      contributors.

しかし、これは積もり積もると、売り物のパンフレットやマニュアルや
書籍に関わった人全員の名前を載せることが必須になってしまうので、
実用上有害とされています。数年前、 BSD の権利者である UCB も、
「今後この条項は守らなくてよい」という通達を出しています。

 今では、新規に書かれたコードにこの条項付きの BSD ライセンスを
付ける人はほとんどいません。(ただし、 OpenSSL などにはより強力な
宣伝条項がついています..)

-- 
                     /
                    /__  __            Akinori.org / MUSHA.org
                   / )  )  ) )  /     FreeBSD.org / Ruby-lang.org
Akinori MUSHA aka / (_ /  ( (__(  @ iDaemons.org / and.or.jp

"Somewhere out of a memory.. of lighted streets on quiet nights.."