中島@ブレーンです。

> > 問題は(2)の方ですが、もしユーザがこのアプリケーションを再配布しようと
> > すると、そこでユーザの方が配布元になるので、いろいろな制約が発生します
> > が、一般的にはユーザは自社専用のアプリを再配布しようとは思いません。再
> > 配布しようとしなければ(2)の方も無意味になります。
> 
> "配布を受けた者がそのソースコードを入手できること"は必須ですが、その権
> 利を行使できるのは配布物を入手した人だけですから、前述の"ユーザ"が社内
> 専用スクリプトを外部に出さなければ、第三者がソースコードを要求する状況
> にはならないような...。

やっぱりそうですよね。

私自身も含めて、「GPL=商売に使えない」という認識が一般的なような気がし
ますが、受託開発の場合は全然恐れる必要はないってことですよね。

> > それで、仮にアプリケーションがGPLになるとしても実質的な問題はないと、
> > 私は判断したのですが、「GPLの前文によると、この場合、第三者が配布元に
> > ソースを請求できる(という解釈が一般的である)」という指摘を受けました。
> 
> スクリプトではありませんが、似たような話題を他(LinuxかDebian?)のMLで
> 目にした記憶があります。どこ&いつだったかなぁ。確か、"GPLのバイナリ(コ
> ンパイルしたもの)を入手した人はそのソースを要求できるが、バイナリを持っ
> ていない人は対象外"という話で、"GPLを適用≠無条件でソースコード公開"で
> はないという結論だったと思います。記憶が曖昧で申し訳ありません。

いえいえ、参考になります。

しかし、そのMLの議論が絶対正しいわけでもなく、ここでいただいたアドバイ
スが絶対正しいわけでもなく、唯一正しいのはGPLの原文のみなんですよね。
技術的なことでは自己責任でやってく覚悟はあるんですが、このような法律的
なことは誰かに頼りたいです。

# どこかにGPLの「正統的な解釈」をしてその解釈を保証してくれる所はない
# ものか。

> # GPLの原文を読むのが良いと人から聞いたんですが、進まないんです...。

私が「ライセンス」のたぐいて唯一完全に理解できたのは、まつもとさんの
「法三条」だけです。

> もう一度、私の望むところを3点ほどはっきりさせておくと 
>
>   * 訴えられたくない
>   * 訴えられたくない
>   * 訴えられたくない
>
> です。これ以上のことは望みません。(出典[ruby-list:30084])

-- 
「stableでなければ生きていけない。unstableでなければ生きてる意味がない」
中島 拓 (株)ブレーン 研究部 (tnakajima / brain-tokyo.jp)
http://www.brain-tokyo.jp/~research/koutetu/